はりをきば

そこにピカマンがいる限り 私はテイッハットウッをやめない


Caution!!
この日記はバカな私(はりを)が何かを忘れない為に、バカの一つ覚えの如く色んな記事を投稿しています。…が、
あくまでもただの備忘録のひと握りに過ぎず、情報の信憑性や真偽までは保証していません。
極力正しい情報をまとめているつもりですが、万一誤った記事の内容を実行しトラブル等が発生しても
当方は如何なる責任を負いません。自己責任でご利用ください。

以上に同意する方のみ、この雑記帳の閲覧をお願いします。

初めての方はこちらも併せてお読みください。このブログについて (About)


…ちゃ、ちゃんと予防線張ったからな!! ホント何があっても知らねーからな!!!(小学生並の言い訳)

予防線(☢Caution!!☢)の表示
テキスト全般の表示に使うフォント (大抵は「メイリオ」か「ヒラギノ角ゴ ProN W3」) (マルチバイト文字はSource Han Sansと同じ) (マルチバイト文字はNoto Sansと同じ)
ソースコードの表示に使うフォント
ピカマンロケットの効果音

設定を保存キャンセル

【ロックマンX5】 シグマ 攻略 攻撃の避け方

自分用の誰得攻略動画メモ。
久しぶりにX5やる方向け。(今の私)


HTML5のvideoタグ(H.264/AACのMP4)使ってるんで非対応環境では見れない。

(YouTubeの限定公開やGoogle Driveの動画プレーヤー機能使おうかと思ったけど強制再エンコされて画質がアレなのでやめた)
(オリジナル画質でストリーミング配信できるサーバーとか知ってたら教えて欲しい…)



【追記】
画質が中途半端だったので高画質版追加。
でも容量と画質が釣り合ってないのでオプションてことで。


通常版は1Mbps/128kbps、高画質版は2Mbps/256kbps。FPSはどっちも60。
容量もぴったり2倍になってるが、画質は1.5倍くらいにしかなってない。

第一形態 カイザーウェーブ



正式名称「ヘルブレイド」
威力が非常に高く、無強化ノーマルエックスだと一撃でティウン寸前になる。
が、当たらなければどうということはない。


上のウェーブをダッシュ回避する場合、ハイパーダッシュを付けてると事故りやすい。
カッコつけてないで自信がないなら大人しくしゃがもう。
しゃがむ場合、頭を上げるタイミングに注意。


最後の上下同時ウェーブを中央抜けする場合、通常なら普通にタイミングよく最大ジャンプするだけで良いが
ハイジャンプを付けてると高さを調整する必要があり、余計難しくなる。
アルティメットアーマーならノヴァストライク、ゼロなら滅閃光の無敵で切り抜ける荒業も有効。


第一形態は電気が弱点(トライサンダー/電刃)だが、
ボスの喰らい無敵が異常に長くなる上、弱点の割に大して喰らわず、怯む訳でもないという謎の三重苦。
弱点(笑)仕様なのでデメリットしかない。
エックスならチャージショット、ゼロなら三日月斬を使った方が早い。


余談だがこの青いウェーブのエフェクトは1F毎に点滅してる為*1
60FPSで録画・変換しないと点滅が消えたり、逆に全く見えなくなったりと面白いことになる。*2



第二形態 電気玉



正式名称「ワイルドリーエネルギー」 ワイリーエネルギー?
いわゆる誘導弾。
威力は低いので多少喰らっても問題ないが、後述のキューブがやばいので
出来れば余計なダメージは喰らいたくないところ。


弾の順序の都合上、右から避けるのはシビア。
左から右へダッシュ壁ジャンプ→右から左へダッシュで戻るのが安定してて簡単。
タイミングさえわかればダッシュなしでも避けれる。(詳しくはmiyayuu氏のプレイを参照)
色んな避け方ができるので、自分のやりやすい避け方を探すのもアリ。



第二形態 紫キューブ



正式名称「プレイスメント・サイコ(集合)」「クラッシュダウン・サイコ(突進)」
言わずと知れた初見殺しにしてこのゲーム最大の鬼畜技。X5のシグマが歴代最強と言われる元凶。
威力は第一形態のウェーブと同じ。
一定量HPを削ると一定確率で電気玉の代わりに使用してくる。
電気玉同様、攻撃前の予備動作や予兆が全くないので
手を破壊した直後や手を引っ込めた直後は常に警戒が必要。


この攻撃も電気玉同様色んな避け方があり、どれがやりやすいのかはその人によって異なる。
よって一概にこれといった避け方は無く、自分で模索するしかない。
以下は私なりのコツ(というかまたいつかやり返した時に忘れないようメモ)


電気玉が来る可能性も考慮し、画面左に陣取る。
(電気玉を右からでも避けられる自信があるなら右でもOK)
間違っても中央に構えないこと。
中央に立つと電気玉が来た場合
ちょっとでも反応が遅れると回避困難になり、
キューブに至っては事実上回避不可能になる。


まず最初の集合攻撃であるが、完全に合体するまで判定はない。(と言ってもその猶予は短い)
出現位置は縦横3列の9箇所
この中から5連続でプレイヤーに近い場所に出現する。


1つのキューブの判定持続時間は2つ分のキューブ出現よりちょい短め。
例えば、最初に出現したキューブは3つ目のキューブの判定が生成される直前に消える。


これらを上手く誘導しつつ避けるのだが、それが出来たら苦労しない。


この攻撃を避ける場合、間違っても最後のキューブを中央に出さないこと
f:id:Gutyan:20141028211048p:plain
一見すると下のスペースをしゃがみやダッシュで潜れそうだが、
実際はギリギリアウトで頭がぶつかる
何とか集合攻撃を避け切った人に見えたわずかな希望を破壊し絶望へ叩き落とす初見殺しその2。


中央キューブは左右の壁を蹴り、向かってきたものをタイミングよく上から飛び越して避ける。
が、中央にある分壁にぶつかるまでが早い上、上下左右どの方向に動くかさえもわからない。
感と運、反応速度が試され非常にシビア。慣れてる人でも安定させるのは困難。


どうしても突進が無理なら、諦めてノヴァストライクで強引に抜けよう。




色々言われてるX5だが、やっぱり面白い。
これも何だかんだ言ってもう14年前のゲームか…。


スマブラにロックマン参戦したことだし、
いい加減そろそろモンハン厨と化したカプコソにも
ロックマンにもう一度光を当ててもらいたい。

*1:当時のテレビはブラウン管のインタレース式が主流だったので、それを考慮してか?

*2:30FPSに落とされるYouTubeやニコ動のエコノミーでよく見られる