はりをきば

そこにピカマンがいる限り 私はテイッハットウッをやめない


Caution!!
この日記はバカな私(はりを)が何かを忘れない為に、バカの一つ覚えの如く色んな記事を投稿しています。…が、
あくまでもただの備忘録のひと握りに過ぎず、情報の信憑性や真偽までは保証していません。
極力正しい情報をまとめているつもりですが、万一誤った記事の内容を実行しトラブル等が発生しても
当方は如何なる責任を負いません。自己責任でご利用ください。

以上に同意する方のみ、この雑記帳の閲覧をお願いします。

初めての方はこちらも併せてお読みください。このブログについて (About)


…ちゃ、ちゃんと予防線張ったからな!! ホント何があっても知らねーからな!!!(小学生並の言い訳)

予防線(☢Caution!!☢)の表示
テキスト全般の表示に使うフォント (大抵は「メイリオ」か「ヒラギノ角ゴ ProN W3」) (マルチバイト文字はSource Han Sansと同じ) (マルチバイト文字はNoto Sansと同じ)
ソースコードの表示に使うフォント
ピカマンロケットの効果音

設定を保存キャンセル

pixivのスタンプとか絵文字を非表示にしてみる

【重要】
この記事は最終更新日から以上経過している為、
もしかしたらリンク切れしていたり、情報としては役に立たなくなっているかもしれない。

お久しぶりです。生きてます。一応。


今月最初で最後の記事がこれっていうね。。




以前書いた記事の公開から1ヶ月経たずにpixiv側が仕様変更した為、
以前の記事にあったユーザースタイルやユーザースクリプトが機能しなくなった。


しかも絵文字とか言うのも追加されとる。
てなわけでユーザースタイルとユーザースクリプトを書き直した。



注意


言うまでもなくこれから紹介する方法はpixivの公式機能ではなく
あくまでも閲覧者のブラウザ側の機能で、しかも結構強引。


「ユーザースタイル」「ユーザースクリプト」
この2つの用語がわからない人はブラウザバック。

それと、以下で挙げるユーザースタイルはFirefox用。
Chromeで使うには少し工夫が必要。
Chrome使いならどーすればいいかなんてわかるよね。

スタンプを非表示

/* PC用 */
@-moz-document url-prefix(http://www.pixiv.net/member_illust.php) {
	div.sticker-container,
	li.tab-sticker,
	ul.sticker-list,
	ul.sticker-type-list {
		display: none !important;
	}
}

/* スマホ用 */
@-moz-document url-prefix(http://touch.pixiv.net/member_illust.php) {
	div.stamp-container,
	li[data-ui-tab-target=".stamp-form"] {
		display: none !important;
	}
}

絵文字を非表示

/* PC用 */
@-moz-document url-prefix(http://www.pixiv.net/member_illust.php) {
	ul.emoji-list,
	li[data-target="tab-content-emoji"],
	img[src^="http://source.pixiv.net/common/images/emoji/"] {
		display: none !important;
	}
}

/* スマホ用 */
@-moz-document url-prefix(http://touch.pixiv.net/member_illust.php) {
	div.emoji-list,
	span[data-ui-tab-target=".tab-content-emoji"],
	img[src^="http://source.pixiv.net/common/images/emoji/"] {
		display: none !important;
	}
}


こいつらを入れると、スタンプや絵文字絡みの項目が不可視になる。
f:id:Gutyan:20140330223601p:plain
f:id:Gutyan:20140330223616p:plain


スマホ版もこの通り。
f:id:Gutyan:20140330223709p:plain
f:id:Gutyan:20140330223730p:plain




ただ、これだと見えなくなるのはあくまでもスタンプや絵文字本体だけで
それらを投稿したユーザーの名前やアイコンはそのまま残る。
CSSではセレクタを逆走査出来ない為、これが限界。



ユーザースクリプトで強引に消す

てなわけで、このユーザースクリプトで強引に消す。


このユーザースクリプトはメタデータ直下に変数を2つ宣言している。

var stamp = true,
    emoji = false;


それぞれ除去するかどうかの設定。
true=有効 false=無効(厳格な型判定を行なっていないので1/0でも化)
デフォルトでは↑の通り、スタンプ投稿者の枠だけ除去するようになってる。


前の記事でも言ったが、このユーザースクリプトはあくまでも
受信したコメントの中からスタンプや絵文字を見つけ出して
投稿者の枠ごと間引く~というだけなので
デフォルトで表示されているコメントや
「もっと見る」を押すことで読み込まれるコメントが全てそれに該当した場合、
全部間引かれてあたかもコメントがついていないかのようになる。


コメント単位でロードできないので他に打つ手なし。
嫌ならユーザースタイルだけで我慢する。