はりをきば

そこにピカマンがいる限り 私はテイッハットウッをやめない


Caution!!
この日記はバカな私(はりを)が何かを忘れない為に、バカの一つ覚えの如く色んな記事を投稿しています。…が、
あくまでもただの備忘録のひと握りに過ぎず、情報の信憑性や真偽までは保証していません。
極力正しい情報をまとめているつもりですが、万一誤った記事の内容を実行しトラブル等が発生しても
当方は如何なる責任を負いません。自己責任でご利用ください。

以上に同意する方のみ、この雑記帳の閲覧をお願いします。

初めての方はこちらも併せてお読みください。このブログについて (About)


…ちゃ、ちゃんと予防線張ったからな!! ホント何があっても知らねーからな!!!(小学生並の言い訳)

予防線(☢Caution!!☢)の表示
テキスト全般の表示に使うフォント (大抵は「メイリオ」か「ヒラギノ角ゴ ProN W3」) (マルチバイト文字はSource Han Sansと同じ) (マルチバイト文字はNoto Sansと同じ)
ソースコードの表示に使うフォント
ピカマンロケットの効果音

設定を保存キャンセル

YouTubeの動画説明文を選択できるようにする

【重要】
この記事は最終更新日から以上経過している為、
もしかしたらリンク切れしていたり、情報としては役に立たなくなっているかもしれない。

お久しぶりです。しぶとく生きてます。。

【追記1】
やはり不評だったのか、説明文コピペできるように戻った。
以下のユーザーCSSは無効化してOK


YouTubeが数日前にまたも改悪。
動画説明文がドラッグで選択できなくなり、
ユーザーページから動画に飛ぶとプレイリスト付きのURLに飛ばされるようになった。


特に後者、ブラウザの履歴が汚されるのでうざいことこの上ない。
しかもデフォで順繰り再生が有効になっている上
無効にしても設定が維持されない為、新しく開きなおすとまたオンになってる。
私はいつも再生終わった後にじっくりコメント見てるので非常に鬱陶しい。


いつものようにユーザースクリプトで何とかしようとは思うが
時間がないのでひとまず今回は前者の方から何とかする。

【追記2】
プレイリストを排除するユーザースクリプト作った。以下の記事からどうぞ。
YouTubeの動画ページのリンクから再生リストを除去 - はりをきば


結論から言うと、テキストが選択できないのは
user-selectとかいう糞CSSプロパティのせいなので
これをStylishで上書き解除してやる。

Firefox用

@-moz-document domain(www.youtube.com) {
	#watch-description {
		-moz-user-select: text !important;
	}
}



Chrome用

#watch-description {
	-webkit-user-select: text !important;
}


ChromeのStylishの場合、
「新しいスタイルを作成」からスタイル名と↑のCSSを入れた後、
適用先の「個別指定」を押し、
「ドメイン上の URL」に「www.youtube.com」と入力して保存する。


こんな感じ。
f:id:Gutyan:20140620205839p:plain




これで、投コメが以前のように選択できるようになる。
ChromeのStylishはテキストだけで効果範囲設定できないから不便極まりない。